個別株

個別株をチマチマ買ってみた感想

水辺の蟹

どーも。大雪です。

2019年の終わりくらいから個別株をチマチマ買っています。

今のところ得も損もしていないです。少額だし、動いても数円なので。

そんで、少額の上始めたばかりですが、個別株を買ってみたここまでの感想を書いてみたいと思います。

「このシロートが!全然わかっていない!」っておこられる可能性があるので、調子に乗らないようにがんばりまーす。

全然買ってない

しょっぱなから何だって感じですけど、全然株買えてないです。

安く買いたいじゃないですか。なのに全然安くならないじゃん(憤慨)。

しかも「もういいや買っちゃおう」と思ったら時間外で買えないし。

しかたないので、恒例の「まだだ。まだその時ではない…」を発動し、指値を入れて様子見中。

しかしこんな調子では金持ちになれない。辛い。

四季報はけっこう面白かった

個別株を買おうと手に取った会社四季報。

分厚い四季報を前に不安でしたが、途中寝ながらなんとか最後までページをめくることが出来ました。

一番好きなところは本文の紙です。ハリのある超薄い紙で気持ちいいです。

安い株を探す

どうやって買う株を探すかというと、じみーに四季報を見てます。

読んでます、じゃないところがミソね。わかんないけど見ている…。

本を読んだり教えてもらった情報をもとに、自分の基準を作って収取選択だ。

私の譲れないもっとも重要な基準はコレ。

買える値段かどうか。

お金少ないから。ふふ(自嘲)。

あと倒産しそうなところもヤダ。

ひと通り四季報見ると、チェックした付箋が何十枚にもなるでしょ。

それを機械的に「ハイ高ーいこれも高ーい」って外すと、まあいい感じの数になる。買う株はその中から半分カンで決めた。

決算報告書とかも一応見たけど。よくわかんないけど…。

それ以外は登録しておいて、下がったら買おうリストになっている。

でも買える日が来る気がしない。

創薬ベンチャー(バイオ株)が怖い

創薬ベンチャー万年赤字で怖い。

ずっと赤字。うまく薬作れたらウハウハなのかもしれませんが、とにかくプラスになる気配がまるで無い。

なんだか創薬ベンチャーってそういうもんみたいですね。色々収入源はあって赤字でも大丈夫っぽいですが、株を買うのは怖い。

新薬開発とかは、社会的使命みたいなのが大きそうだしなぁ。株は買えないけど。

意外な会社が赤字でビックリ

四季報見てたらさ、知ってる会社がたくさん出てくるじゃないですか。有名どころがわんさか。

大体はまあまあやってるんだけど、中には「赤字ー!」っていう会社もあってビックリした。

えぇ!こんな有名で技術力有りそうな会社なのにめっちゃ赤字じゃないですかーマジでー みたいな。

優待出してる場合ではないのでは…。

いやー、わからんもんですねぇ。意外。

 

 

まあ今んところそんな感じです。

ところで前述の指値ですが、こないだサクッと刺さって買うことが出来ました。100株。しょぼい。

しょぼい位がちょうどいいんですよ、私には。大体予算無いんだし。

あ~簡単にお金が倍々ゲームで増えないかなぁ~~。

では(´・с・`)ノシ